健康診断を受ける理想的な頻度は?

現在の健康状態は? 健康診断は、目に見えない内科的な疾患を発見することができる。

会社の定期検診は年1回、できれば個人でオプション診断2回

貴方にも危険が迫っている。
サインに注意!

脳梗塞や脳血栓は高齢者ばかりの病気ではないのです。
最近は、中年層にまで及んでいます。

この病気は、動脈硬化、気温の温度差、糖尿病による弊害等いろいろな要素
が含まれていますが、成人病である糖尿病から血中に血栓ができ頭の血管が
詰まり脳梗塞になるのです。
定期健康診断で、糖尿病の疑いがあると医師から言われた方は沢山いると
思います。
その方々は要注意です。
例えば、温度差の大きい部屋で深夜に「さむいな」と感じたら、面倒でもお布団を1枚増やしましょう。
人間の体温は、運動をしない夜中は下がっているのです。

こんな時、人間の体は病気の前兆のサインを出します。
このサインは、手足の先の「しびれ」歩行時の「ふらつき」です。
原因は、血行が悪くなり血栓ができると細部の毛細血管に血液が届けづらく
なり、その症状が「しびれ」「ふらつき」となって現れます。

この症状が続くようでしたら必ず医師に診てもらいましょう。

血液ドロドロは危険!

血液ドロドロと話は聞いたことがありますね。
貴方はどうですか?

血液は、先に話したようにさらさらが理想です。
あなたの髪と同じさらさら感が大切なのです。
これは、健康診断および定期検査をしていると、自分の血液がサラサラに
なってゆくのが分かります。
食生活の改善及び適度な運動で血液内の酸素等が改善され血液自体の質が
良くなるのです。

人間の約70%は水でできています。
水分量を体内でおしっことして排出させ、不足時は喉が渇いて水分補給をします。
よく言われるように、1日1,5リットルの給水をして、尿として排出して体の活性化をしましょう。

定期的に健康診断を行い、自分の体をチェックして悪い所を治すことをする。
これが、病気の予防です。



TOP