健康診断を受ける理想的な頻度は?

現在の健康状態は? 健康診断は、目に見えない内科的な疾患を発見することができる。

健康診断で臓器の発する信号確認。 病気の早期発見が可能

いつものことが、なんでだろう?

朝起きて、顔を洗おうとしたら手がしびれる。こんな経験はありませんか?

これは、血液の血行が悪くなっているサインです。
血液がドロドロになりつつあります。
血液がドロドロになると血流が悪くなり、血管内に血栓ができる可能性があります。
この血栓は、血流に乗って流れているのですが、何かの拍子で頭の中の血管内にとどまり血流を止めてしまうことがあります。

これが有名な、脳梗塞・脳血栓です。
この疾患は、とても危険な疾患で最悪、命を落とすことになるのです。
脳に血液がいかなくなってしまうと、脳の毛細血管からの血液が栄養を脳細胞に与えられず、脳細胞は壊死してゆくのです。
壊死した細胞の復元は厳しく、必ずと言っていいほど後遺症が残ります。

本当に気を付けてください。
血液検査で、血液の濃度が確認できます。

血液検査は、体内の養分の関係を示している

血液は、体内に養分を各臓器及び手足頭全体に運んでいます。
血液を運ぶ血管は、体の隅々の毛細血管にまで養分を運んでいます。

糖尿病の疾患者は、必ず血液で当分のチェックをしてからインシュリンを
投与します。
また、血液には白血球と赤血球がありお互いに適度の割合で競合しています。
バランスが崩れると、血液の癌と言われる白血病になるのです。
何故バランスが崩れるのでしょうか?
それは、食生活に問題があるのです。

このように、日常生活の中に原因があるのです。
日常生活の習慣の中に、病気の原因が隠れているのです。 
それを、発見するのが検診です。
常に検診を続けていると、疾患の早期発見につながるのです。
病気の早期発見は、早期治治療によって早期完治を確実に実行できるのです。






TOP