健康診断を受ける理想的な頻度は?

現在の健康状態は? 健康診断は、目に見えない内科的な疾患を発見することができる。

健康診断で臓器の発する信号確認。 病気の早期発見が可能

切り傷・骨折等の疾患は目に見える、しかし、人体の臓器の疾患は検査でし か分らないのです。 人体の臓器である五臓六腑は、それぞれの役割を持ちそれらが、お互いに信号を送りあいながら、健康を管理しています。 その臓器は色々な要素の数値で、異常が分かります。 その基本的な、診断を行うのが健康診断です。

健康診断をしてよかった! 癌の早期発見!

会社の定期健康診断で、レントゲン検査の写真に薄い影があり再検診で悪性 の癌と判断され、入院切除完了で現在も、切除から5年が経ちますが転移も なく元気です。 これは、私の友人の話です。 健康診断の後、再検査の通知が来たのです。 最新の結果が肺がんの初期状況でした。 このように、体は何かの信号を出しているのです。

会社の定期検診は年1回、できれば個人でオプション診断2回

通常皆さんは、会社で受ける年1回の定期健康診断で満足していると思いま すが、そのほかに4か月に1回の検診を進めます。 特に、血液検査は確実に行ってください。 血液は、すべての臓器・脳などの疾患原因の信号を発信しています。 特に、女性は頻繁に特殊検診をすることが大切です。

ケガは目に見えるが体内の臓器は正しく役割を果たしているのか?

健康診断で確認した検査数値は、基本数値と比較して何処がどのように損傷
しているのかを確認できます。

最近の医学学会の発表で、全ての臓器のコントロールタワーとして、消化器系の腎臓が活躍していす。
この臓器は、毛細血管の塊で最終的に排泄する物質を、必要不必要を判断し
不必要な物質を体外へ排出する役割を持っています。
この司令塔である腎臓は、一度損傷してしまうと元には戻らない。
このような、状況になると皆様も聞いたことがあると思いますが、人工透析で損傷した腎臓の手助けをしてあげなくてはならないのです。
この、人工透析は一度やると一くてはならない治療です。
また、腎臓を損傷することにより排出すべき要素が残り各臓器へ悪影響を与えます。

併発する代表的な病気は、成人病の代表格である糖尿病です。
この糖尿病は、成人病の第一位で成人の3割以上が発病しています。
食事制限、糖質制限等大変な思いをしている方が多くいます。
悪化すると、インシュリンを体外から注入し疾患を抑える治療が必要となります。
これもまた、長期的に続けることが治療の一歩となります。

このように、臓器の一つ腎臓を取り上げただけでも人体の臓器は、デリケートで繊細なのです。
このような、内科的疾患を発見するのも健康診断の検査が大切なのです。

健康診断を、定期的に行い検査で病気の予兆を発見し、疾患の疑いのある項目を再検査し、専門医の診断を受け疾患の早期発見を行う。
それによって、早期治療で手遅れにならないように予防する。
また、早期治療によって疾患の完治率が高まり、最終的な入院治療も回避できるのです。

転ばぬ先の杖!


TOP